女性の薄毛よりも男性の薄毛が多いのは何故?

女性も薄毛に悩まされることがありますが・・・

女性の薄毛よりも男性の薄毛が多いのは何故ですか?

脱毛の原因には、様々な要因がありますが、その中でも男性ホルモンの影響が大きいことが分かっています。男性の方が女性よりも男性ホルモンの分泌が多いのが、その原因です。

抜け毛の原因には、“生活習慣”“加齢”“遺伝”“ホルモンバランスの異常”“皮膚疾患”“甲状腺異常”など、男性ホルモン以外の原因もあります。しかし、これらは、男性だけに起こるものではありません。

ところが、男性に多い男性型脱毛症は、強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテステステロン)の影響にあることが分かってきました。女性より男性ホルモンの分泌量が多い男性に抜け毛が多いのも、このためです。

しかし、これは女性にも起こりうることなのです。女性の場合、40代、50代の女性を中心に、男性のように抜け毛や、薄毛になる確率が高まります。加齢による薄毛もありますが、更年期に関わるホルモンバランスの崩れで男性ホルモンの影響が大きくなることが原因です。

女性の方も、40代を迎えて抜け毛や薄毛が気になるこようでしたら、頭皮チェックを受けてみましょう。
皮脂の分泌が多ければ、男性ホルモンの影響を受けている可能性が高まります。

まずは、無料で行える「バイオテックの無料体験」がお薦めです。
「女性専用のバイオテック」もありますので、男性に会うことなく体験できるので嬉しいですね。

もちろん、男性も無料体験してくださいね。

男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテステステロン)の影響を大きく受ける男性型脱毛症ですが、男性ばかりでなく、女性も40代になると男性ホルモンの影響が出ています。更年期障害によって女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れることが原因です。

しかし、女性の薄毛は男性よりも回復が望めます。より早い回復するためにも頭皮チェックを受けることが肝心です。最近では、女性用の育毛剤も出ていますが、男性ホルモンが原因の薄毛には、効果が低いのが現状です。男性型脱毛症の女性の方には、男性ホルモンの影響を抑制するタイプの育毛剤が最適なのです。

頭皮チェックをして皮脂の分泌量を知ることは、育毛をする上で基本的なことなのです。もちろん、男性の方も皮脂の分泌量を知り、その後の育毛に生かすことは、より早い回復、改善をするために必要なことです。最近では、皮脂を除去するシャンプーも出てきました、皮脂の分泌量を把握せずに、そのようなシャンプーを使用することは、

逆に危険です。元来、皮脂は頭皮を保護する上で必要なものです。過剰な皮脂が余分であるだけなのです。皮脂を根こそぎ除去してしますと、脳が「足らない」と判断して、より皮脂の分泌を促進してしまいます。まずは、自分の皮脂量を知らないと、シャンプー選びにも影響を与えてしまいます。