AGAって何ですか?脱毛症のことですか? |男性型脱毛症について

AGAとは男性型脱毛症のことです

最近テレビCMで見かける「AGA」って何ですか?

AGAとは男性型脱毛症のことを言います。脱毛症には、「一時的脱毛症」と「進行型脱毛症」があります。一時的脱毛症には、“円形脱毛症”やケガや事故などの外的要因や薬剤の副作用などがあります。進行型脱毛症には、“男性型脱毛症=AGA”や“加齢”なでによるものがあります。

「男性型脱毛症=AGA」は、男性ホルモンの影響により天頂部や生え際に髪の毛が薄くなり、脱毛が進行します。

男性ホルモン(=テステステロン)が皮脂腺から分泌される還元酵素(=5αリダクターゼ)の作用を受けて、より強力な男性ホルモン(=DHT)へと変化します。このDHTが毛母細胞の細胞分裂(=髪の成長)を阻害
するのです。

髪の成長が抑制されると、髪の毛が成長しくる前に抜け落ちます。その結果、細い髪の毛の割合が多くなります。

更に放置しておくと、細毛から薄毛へと進行して、最後にはハゲる人も多くなります。

DHTの対策として、皮脂腺から分泌される還元酵素のの働きを抑えることが有効です!
還元酵素の働きが抑制されれば、テステステロンがDHTへと変化することがないからです。
頭皮を清潔にして、皮脂の分泌量を抑えることが大切になってきます。

AGA(=男性型脱毛症)の原因は、テステステロン(=男性ホルモン)に5αリダクターゼ(=還元酵素)が作用してDHT(=強力な男性ホルモン)に変化することで、毛乳頭が萎縮して、毛母細胞の細胞分裂が抑制されることで、髪の成長が阻害されることにあります。

有効なAGA対策としては、5αリダクターゼの働きを抑えることです。たいていの育毛剤は、この5αリダクターゼの働きを抑制するものです。また、頭皮を清潔にして、皮脂の分泌を抑えることも有効です。5αリダクターゼは皮脂腺から分泌されるからです。頭皮チェックをして皮脂の分泌量を知ることも大切です。

皮脂の分泌が多ければ、シャンプー選びから、育毛剤選びまで、目的に合ったものを選択できます。育毛剤なら何でも良いという考えでは、育毛剤の効果を引き出すことは出来ません。「育毛剤が利かない!」と感じているいる人は、頭皮チェックをしてもらうことをお薦めします。頭皮チェックは専門の育毛サロンで行うことが良いですね。専門家にチェックしてもらうことが正確な現状を知る上でも大切です。