本当に効果のある育毛剤ってあるの?【正しい育毛剤の選び方】

効果のある育毛剤は、本当にありますか?

市販の育毛剤を頑張って使っています。効果ってあるんですか?

 

市販の育毛剤は、膨大な研究と開発に時間と経費をかけて作ったものですから、ある程度は効果があります。
しかし、市販するためには、いろいろな制約があるのも事実です。厚生労働省の認可が下りなければ、どんなに素晴らしい育毛剤でも、販売することができないのですから・・・。

 

制約の一番大きなものに、「有効成分の濃度」があります。仮に、発毛効果のある育毛成分でも十分な濃度の製品を販売できない、という事情もあるのです。

 

また、

 

「育毛剤の効果」といっても、期待する効果は人それぞれです。
期待する効果が、「抜け毛を減らす」ことであれば、十分に効果を期待できるでしょう。

 

しかし、

 

「発毛効果」を期待するのであれば、“利く人もいる”としか、答えられません。

 

ただ、

 

『発毛効果のある育毛剤』を『髪の毛が成長しやすい頭皮環境』で『発毛効果を最大限に引き出す方法』で使用したなら、その育毛剤は最高に効果が出るでしょう。

「育毛剤は利かないのか?」「育毛剤の選び方が違うのでは?」「育毛剤の使用方法が間違っていたのでは?」「頭皮が脂っこいのが原因なのか?」など、育毛剤に関する疑問は尽きません。

抜け毛を防止するための育毛剤と薄毛を改善させる育毛剤では、違います。脱毛予防なのか、発毛促進なのか?頭皮に皮脂が多ければ、育毛剤の浸透を妨げるかもしれません。

皮脂を除去できるシャンプーの方法はあるのか?本当に「髪の毛を生やす方法」ってあるのか?その疑問に、バイオテックが全て答えてくれます。まずは、バイオテックの無料体験へ行かれることをお薦めします。「頭皮チェック」だけでなく「頭皮ケア」もしてくれて、「ホームケアの方法」も指導してくます。

また、特許取得した「育毛剤」を使用してくれます。本コースに入会しなくても育毛剤を購入することも出来ます。バイオテックはお客様との信頼関係を大切にしているので、「強引な勧誘はありません」。テレビ広告などの宣伝費をかけずに、無料体験に経費を回しています。

そのため、口コミ評判を大切にしているのです。強引な勧誘をしてしまっては、評判が下がりますものね。「育毛剤の効果がない」と感じている方は、“バイオテックの無料体験”がお薦めです。こちらでバイオテックの評判が紹介されています。

 

頭皮マッサージの効果的な方法とは?

育毛効果を引き出す頭皮マッサージの方法とは・・・・?

頭皮マッサージの自分で出来る効果的な方法を教えてください。

 

頭皮マッサージは、頭皮の血行を良くするだけでなく、副交感神経を刺激してリラックスさせる作用もあります。薄毛を進行させるDHT(ジヒドロテステステロン)は、ストレスを感じている時に多く形成されることから、頭皮マッサージによりリラックスすることは、薄毛予防の観点からも効果のある方法だと言えます。

 

具体的な方法は、

「首の後ろの後頚部から頭頂部」、「耳の後ろから頭頂部」、「こめかみ(生え際)かた頭頂部」の順番で頭皮全体を指の腹を使って押さえ、揉みこむような感じでマッサージするのが良いでしょう。

 

注意点としては、

 

「痛い!」と感じるほどの強さでは、マッサージしないことです。頭皮に爪を立てたり、強くこすることもダメです。自分で気持ちが良いと感じる強さで、優しくマッサージしてください。

 

頭皮マッサージは、育毛剤の効果を最大限に引き出すためにも大切です。リラクゼーション効果があり、薄毛へと進行させるDHT(ジヒドロテステステロン)の生成を抑制します。

「育毛剤が利かない」と感じている方は、効果的な頭皮マッサージの方法を知り、これからの育毛に生かしましょう。また、頭皮マッサージと共に、頭皮ケアも大切です。正しいシャンプーの方法を知ることも重要ですね。

 

AGAって何ですか?脱毛症のことですか? |男性型脱毛症について

AGAとは男性型脱毛症のことです

最近テレビCMで見かける「AGA」って何ですか?

AGAとは男性型脱毛症のことを言います。脱毛症には、「一時的脱毛症」と「進行型脱毛症」があります。一時的脱毛症には、“円形脱毛症”やケガや事故などの外的要因や薬剤の副作用などがあります。進行型脱毛症には、“男性型脱毛症=AGA”や“加齢”なでによるものがあります。

「男性型脱毛症=AGA」は、男性ホルモンの影響により天頂部や生え際に髪の毛が薄くなり、脱毛が進行します。

男性ホルモン(=テステステロン)が皮脂腺から分泌される還元酵素(=5αリダクターゼ)の作用を受けて、より強力な男性ホルモン(=DHT)へと変化します。このDHTが毛母細胞の細胞分裂(=髪の成長)を阻害
するのです。

髪の成長が抑制されると、髪の毛が成長しくる前に抜け落ちます。その結果、細い髪の毛の割合が多くなります。

更に放置しておくと、細毛から薄毛へと進行して、最後にはハゲる人も多くなります。

DHTの対策として、皮脂腺から分泌される還元酵素のの働きを抑えることが有効です!
還元酵素の働きが抑制されれば、テステステロンがDHTへと変化することがないからです。
頭皮を清潔にして、皮脂の分泌量を抑えることが大切になってきます。

AGA(=男性型脱毛症)の原因は、テステステロン(=男性ホルモン)に5αリダクターゼ(=還元酵素)が作用してDHT(=強力な男性ホルモン)に変化することで、毛乳頭が萎縮して、毛母細胞の細胞分裂が抑制されることで、髪の成長が阻害されることにあります。

有効なAGA対策としては、5αリダクターゼの働きを抑えることです。たいていの育毛剤は、この5αリダクターゼの働きを抑制するものです。また、頭皮を清潔にして、皮脂の分泌を抑えることも有効です。5αリダクターゼは皮脂腺から分泌されるからです。頭皮チェックをして皮脂の分泌量を知ることも大切です。

皮脂の分泌が多ければ、シャンプー選びから、育毛剤選びまで、目的に合ったものを選択できます。育毛剤なら何でも良いという考えでは、育毛剤の効果を引き出すことは出来ません。「育毛剤が利かない!」と感じているいる人は、頭皮チェックをしてもらうことをお薦めします。頭皮チェックは専門の育毛サロンで行うことが良いですね。専門家にチェックしてもらうことが正確な現状を知る上でも大切です。

 

円形脱毛症に育毛剤は利くの?<円形脱毛の原因を探る>

円形脱毛症に育毛剤は利くのか・・・

加齢による脱毛と円形脱毛症とは、どう違うのですか?

円形脱毛症とは、その名の通り硬貨のような円形の脱毛が起こる病気です。頭部の一定範囲にある髪の毛の“成長期”が一斉に停止することで毛母細胞が細胞増殖をしなくなるため、毛幹の成長がとまり、髪の毛が“休止期”に移るために起こります。
その結果、一度にまとまって髪の毛が抜けることが多く、抜けた箇所が目立ってしまうのです。

 

脱毛する範囲は、数ミリから数センチに至るものまであり、一箇所だけに起こる場合と複数箇所に起こる場合があります。

 

成長期が一斉に停止する原因として、免疫異常(アレルギー)や精神ストレスなどがあると考えられています。

 

これに対して、加齢による脱毛は、頭部全体の毛母細胞の活動が低下することで、“成長期”が短くなり、相対的に“退行期・休止期”の髪の毛の割合が多くなることで薄毛へと進行するものです。

 

円形脱毛症は、一定期間を経て自然と回復する場合が多いのですが、ケアをすると、より早く回復する傾向にあります。育毛剤を使用しることも大切ですし、頭皮を清潔に保つことも大切です。毎日のシャンプーは頭皮の緊張を和らげるので、是非、習慣にしたいですね。

 

円形脱毛症から早く回復したいなら・・・

頭皮チェックをしてみてはいかがですか?

頭皮の状態を確認できますし、回復傾向にあるのか、まだまだ進行するのかの判断をしてくれます。

まずは、無料体験がお薦めです!

3ヶ月たっても回復傾向にないのであれば、是非、お薦めします。

円形脱毛症は、加齢による脱毛症やだ男性型脱毛症とは、どう違うのか?男性ホルモンの影響を受けない脱毛症が円形脱毛症です。アレルギーやストレスなど生活習慣に影響を受けるのが円形脱毛症です。

円形脱毛症から早く回復したいのであれば、アレルギーの元を取り除くことと、ストレスをためないことが大切です。育毛剤を使用することも良いかもしれないし、最近、流行のレーザー育毛器も良いのかもしれません。

でも、一番大切なのは、頭皮を清潔に保つことです。頭皮チェックをして、頭皮の状態を診てもらうことも良いのかもしれません。頭皮の状態を把握してから、ケアの方法を決めることが早めの回復には、最も近道なのです。円形脱毛症は遺伝とは関係ありませんし、

必ず治るものなので、心配しないで下さいね。気にしすぎることが一番良くありません。頭皮ケアを受けて、頭皮の緊張を解いてみることも良いですね。頭皮に刺激を与えることで回復が早くなる傾向にありますよ。

 

女性の薄毛よりも男性の薄毛が多いのは何故?

女性も薄毛に悩まされることがありますが・・・

女性の薄毛よりも男性の薄毛が多いのは何故ですか?

脱毛の原因には、様々な要因がありますが、その中でも男性ホルモンの影響が大きいことが分かっています。男性の方が女性よりも男性ホルモンの分泌が多いのが、その原因です。

抜け毛の原因には、“生活習慣”“加齢”“遺伝”“ホルモンバランスの異常”“皮膚疾患”“甲状腺異常”など、男性ホルモン以外の原因もあります。しかし、これらは、男性だけに起こるものではありません。

ところが、男性に多い男性型脱毛症は、強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテステステロン)の影響にあることが分かってきました。女性より男性ホルモンの分泌量が多い男性に抜け毛が多いのも、このためです。

しかし、これは女性にも起こりうることなのです。女性の場合、40代、50代の女性を中心に、男性のように抜け毛や、薄毛になる確率が高まります。加齢による薄毛もありますが、更年期に関わるホルモンバランスの崩れで男性ホルモンの影響が大きくなることが原因です。

女性の方も、40代を迎えて抜け毛や薄毛が気になるこようでしたら、頭皮チェックを受けてみましょう。
皮脂の分泌が多ければ、男性ホルモンの影響を受けている可能性が高まります。

まずは、無料で行える「バイオテックの無料体験」がお薦めです。
「女性専用のバイオテック」もありますので、男性に会うことなく体験できるので嬉しいですね。

もちろん、男性も無料体験してくださいね。

男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテステステロン)の影響を大きく受ける男性型脱毛症ですが、男性ばかりでなく、女性も40代になると男性ホルモンの影響が出ています。更年期障害によって女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れることが原因です。

しかし、女性の薄毛は男性よりも回復が望めます。より早い回復するためにも頭皮チェックを受けることが肝心です。最近では、女性用の育毛剤も出ていますが、男性ホルモンが原因の薄毛には、効果が低いのが現状です。男性型脱毛症の女性の方には、男性ホルモンの影響を抑制するタイプの育毛剤が最適なのです。

頭皮チェックをして皮脂の分泌量を知ることは、育毛をする上で基本的なことなのです。もちろん、男性の方も皮脂の分泌量を知り、その後の育毛に生かすことは、より早い回復、改善をするために必要なことです。最近では、皮脂を除去するシャンプーも出てきました、皮脂の分泌量を把握せずに、そのようなシャンプーを使用することは、

逆に危険です。元来、皮脂は頭皮を保護する上で必要なものです。過剰な皮脂が余分であるだけなのです。皮脂を根こそぎ除去してしますと、脳が「足らない」と判断して、より皮脂の分泌を促進してしまいます。まずは、自分の皮脂量を知らないと、シャンプー選びにも影響を与えてしまいます。

 

頭皮の皮脂は抜け毛の原因になるの?【頭皮の無料チェック】する?

頭皮が脂っぽいです。抜け毛の原因になりますか?

頭皮が脂っぽいのですが、将来、薄毛になる可能性が高いのでしょうか?

 

「毛穴に詰まった皮脂が原因で薄毛になる」というフレーズがシャンプーなどの宣伝で広まり、皮脂が原因で薄毛になると思っている方は多いと思いますが、直接的な原因にはなりません。

 

しかし、男性型脱毛症の場合には、抜け毛、薄毛の原因である強力な男性ホルモンDHTが、皮脂に含まれる還元酵素の影響から生成されることが分かっており、男性型脱毛症の方には間接的には影響があると言えます。

 

皮脂の異常分泌の原因は、皮脂腺の肥大化が考えられます。皮脂腺が肥大化してしまうことで、多量の皮脂が分泌されるのです。

 

皮脂の過剰分泌には弊害があります。皮脂が紫外線に当たることで毛穴に角栓ができてしまい、それが原因で毛根周辺に炎症が起こりやすくなります。その結果、“脂漏性皮膚炎”を発症してしまう場合ばあるのです。

 

これによって、薄毛が進行するかは解明されていませんが、頭皮の状態が悪いことには間違いありません。「正常な頭皮環境が髪の毛を育てる」ということを考えれば、改善することが望ましいですね。

 

少し前までは、「皮脂で毛穴が詰まると、抜け毛を引き起こし、薄毛の原因になる」と言われていました。最近では、「皮脂が直接の原因で抜け毛になることはない」ということが分かってきました。

しかし、男性型脱毛症(AGA)の人は、皮脂の影響は少なからずあります。皮脂に含まれる還元酵素の5αリダクターゼが、男性ホルモンのテステステロンに作用して、より強力な男性ホルモンのDHTに変化します。このDHTが毛根にある毛母細胞の細胞分裂の働きを阻害して、髪の成長を妨げるのです。男性の抜け毛、薄毛の原因は、このDHTにあることが大きいですので男性の方は、皮脂を除去するような頭皮ケアが必要です。

若くして薄毛になる男性の多くは、この男性型脱毛症である可能性が高いのです。女性の抜け毛、薄毛は、この限りではないので、頭皮チェックなどをして、その原因を知ることが必要です。一方、女性の抜け毛、薄毛は、頭皮チェックなどをして、その原因を知ることも必要です。

原因を知り、効果的なケアをすることが抜け毛を予防し、薄毛への進行を食い止めることに繋がります。最近では、女性の方にも入りやすい育毛サロンが多きありますので、相談されることをお薦めします。その中でも“バイオテック”は評判が高く信頼できるサロンとして利用者満足度の高いサロンです。

 

 

薄毛は遺伝する?AGAなら可能性あり【頭皮チェック】で診断しよ♪

父親の髪の毛が薄いんですが、自分も薄毛になるのか心配なんですが

薄毛は遺伝するのですか?

薄毛になりやすい体質は遺伝しますが、薄毛そのものは、遺伝しません。

 

ココで言う体質というのは、男性型脱毛の原因である「男性ホルモンDHTの影響を受けやすい体質を受け継いでいる。」ということです。

薄毛は、生活スタイルや、食生活など後天的要素の影響が大きいと考えられています。
睡眠不足であったり、野菜を採らずビタミン不足など、ライフスタイルによることろが大きいといえます。

 

親と一緒に生活している環境においては、食生活に似てくることや、深夜まで起きている生活スタイルなど、髪のよくないライフスタイルを自然と真似ていることであり、これは、後天的な影響であり遺伝が原因ではありませんが、薄毛になりやすい生活環境と言えます。

 

薄毛が心配になったら・・

頭皮チェックを受けてみませんか?

 

「頭皮チェック」で皮脂の分泌量などを調べて、男性ホルモンの影響を受けやすいのかが分かります。

また、「抜け毛診断」で抜け毛の原因を知ることが出来るので、あなたの心配も和らぐかもしれません。

悩む前に“頭皮チェック”しましょう。

まずは、無料体験がお薦めです。

 

薄毛は、父親から遺伝するとか、隔世遺伝するとか言われてきましたが、母親の系列(血統)で遺伝する確率が高いことが分かっています。

X染色体に薄毛の遺伝子が備わっているようです。しかし、薄毛になることが遺伝するのではなく、薄毛になちりやすい体質が遺伝するのであり、薄毛は後天的な要因で起こることも分かってきました。まずはしていれば、、頭皮チェックをして、抜け毛の原因、薄毛になりやすい頭皮なのかを診断してもらうことが大切です。現状を把握していれば、対策もしやすですよね。そこでお薦めするのは、頭皮チェックが無料で体験できる「バイオテック」です。

利用者満足度も96%と評判も高く、「強引な勧誘がない」ことも口コミから伝わってきます。母方のおじちゃんが薄毛なら頭皮チェックしてみるのも良いかもしれませんね。

 

異常な抜け毛対策には・・・@無料の頭皮チェックで異常を検査!

枕に異常な抜け毛が・・・。異常に多い抜け毛は大丈夫なのか・・・

朝、起きると大量の抜け毛が枕にあって心配なのですが・・・

 

髪の毛は、1日に50~100本は抜けると言われています。枕に抜け毛があるということですが、20本ぐらいなら大丈夫です。

髪の毛は、シャンプーの時にも抜けますし、髪をかきあげても抜けます。自然と抜ける髪は、痛くないので気が付かないだけなんですね。

 

しかし、30本以上の抜け毛があれば心配です。

 

髪の毛は、「成長期⇒退行期⇒休止期」のサイクルを5~7年で繰り返しています。正常時には、発毛と脱毛のバランスが取れた状態で抜け毛が増えることはありません。ところが、様々な要因でヘアサイクルが崩れると抜け毛が多くなります。

 

「成長期」が短くなり「退行期」「休止期」にある髪の毛が増えるのです。成長期が短いということは、髪の毛が成長しきれずに“細くて短い毛”が増えるのです。髪の毛が“細くなった”と感じたら要注意です。

 

髪の毛が細くなっていたら・・・

抜けた髪の毛を観察して細い髪なら頭皮チェックを受けることをお薦めします。

 

頭皮チェックで皮脂の分泌量などを調べて、抜け毛診断で抜け毛の原因を知ることが出来るので、あなたの心配も和らぐでしょう。

 

また、育毛剤などを使用した方が良いのか、判断もしやすいですね。

 

通常、成人の1日の抜け毛の本数は50~100本と言われています。100本と聞くと多く感じるかもしれませんが、髪の毛の本数は約10万本あります。多少の髪の毛が抜けても問題ありません。

正常であれば、85%の髪の毛が「成長期」にり、残りの15%が「退行期」「休止期」にあります。このバランスが崩れると、さらに多くの髪の毛が抜けます。枕に30本以上、シャンプー時に20~30本の髪の毛が抜けるようでした「頭皮チェック」の必要があります。

頭皮チェックをしているのは、“バイオテック”のほかに“リーブ21”“アートネーチャー”“アデランス”がありますが、無料で頭皮チェックを体験できるのは、“バイオテック”だけです。まずは無料で自分の「頭皮と抜け毛」の状態を知りましょう。